うどんのダイエットと食べ方

  • うどんのダイエットと食べ方

    • うどんはおいしく日本人ならなじみの深い食べ物です。暑い時には冷たいざるで風邪をひいたら煮込みや卵とじなどなど。
      地域によってもさまざまです。


      ダイエットにうどんは適しているのでしょうか。おいしいのですが炭水化物なのでカロリーが気になります。


      ダイエット方法の中で有名なのが炭水化物抜きダイエットと言うくらい炭水化物は控えたほうがダイエットのためと言われてます。

      ですが食べ方によりうどんはダイエットの強い味方です。
      カロリーは乾麺の状態で100g348カロリー、ゆでてある1玉は230g242カロリーになります。ごはんが200g336カロリーになります。ちなみにそばは乾麺の状態で100g344カロリー、ゆでてある1玉は200g264カロリー、スパゲティ乾燥100g378カロリー、中華蒸しめん1玉150g297カロリーになります。食べ方でダイエットの強い味方になると思われます。

      例えば、さっぱりとしていてそれも魅力の一つですが一緒にどうしても天ぷらが欲しくなります。
      天ぷらは少なくても100カロリーからあります。


      それをちょっとこらえて具だくさんのかけや具だくさんのあんかけにしたらどうでしょうか。


      小松菜や豚肉などを入れて食べると食べごたえがありめんは熱いのでスローペースで食べるので満腹感も期待できます。

      豚肉はももをおすすめします。


      ももはバラ肉の3/1程度のカロリーになります。あんはおなかにたまりやすく、小松菜を食べることにより、より満腹感が得られます。

      よく噛んで食べることも必要でゆっくり食べることによりさらに満腹感が得られます。

      そうするとだいぶカロリーをカットでき、1食あたり400キロカロリー前後で抑えることも可能です。

      食べすぎは太る原因になってしまうので1食1玉弱に抑えておきましょう。


      自炊はおもしろいようにカロリーがコントロールできますが自分で作らなくても外食でもうどんを選ぶことによりカロリーを抑えられます。
      かけやざるではなくても月見やたぬきでも400キロカロリーでカレーや肉でも550カロリーくらいなので定食と比べるとだいぶカロリーを抑えられます。注意することはいくらおいしいからと言って食べすぎたり高そうなカロリーのものを選んでしまうことです。食べるタイミングですが夕食の置き換えがおすすめです。ダイエットは夕食のカロリーを減らすことが大切になってきます。


      夕食を置き換えることによりパスタやラーメンとくらべると大幅なカロリーカットを期待できます。

      さまざまなレシピの種類がありここで紹介したものもほんの一部の方法なのでたくさんレシピを見て自分の好きな作り方や食べ方を探し楽しみながら他の置き換えダイエットとは違い飽きずに続けられ減量が期待できます。
      結果、炭水化物ですがカロリーも低めでダイエットに適してます。

      ダイエットやカロリーも大事ですが一番はうどんをおいしく食べることが体にも心にも良いと思います。

      目黒区の不用品回収の情報もあります。

      ヤニ取りを検索してみてください。

      このサイトで新宿区の不用品回収に関してお困りですか。

      新宿区の不用品回収情報が満載です。

      厨房排気の情報がいっぱい詰まったサイトです。

      http://next.rikunabi.com/journal/entry/20160128_S21

      https://4meee.com/articles/view/108912

      http://girlschannel.net/topics/380083/

  • 関連リンク